フリーエンジニアの忙しさのリスク

フリーエンジニアは、できる限りの時間を高い生産性をあげる業務に費やすことによってより多くの仕事を遂行し、報酬を得ていくことができます。それがフリーエンジニアのメリットとも言えます。そのため、より稼ぎたいと思えば必然的に忙しい日々を過ごすことになります。

多くのフリーエンジニアは働けるうちにできる限り働いて資産を築きたいという野心を持っていることから、つい仕事を請け負いすぎてオーバーワークになってしまう傾向があります。しかし、仕事と生活のバランスを考えて適切な仕事の量に押さえておくことは重要な観点です。仕事や生活にゆとりがないと些細なミスを起こしてしまう可能性が高まり、それが積み重なると大きなトラブルを巻き起こすリスクがあります。

そういったリスクを抱えない程度に仕事を請け負っていくことが重要なのです。クライアントとのやり取りで相手の気に障ることを何気なく口にしてしまったり、下手に出るべきところで対等な立場を主張してしまったりといったほんのわずかな配慮不足は、個々で見れば大して大きな問題ではありません。

しかし、それが積み重なっていくと印象が徐々に悪化し、そのクライアントから敬遠されるようになってしまうリスクがあります。フリーエンジニアにとってクライアントとの信頼関係は生命線であり、そういったトラブルにつながるミスは一つでも減らさなければなりません。そうならないためにも気持ちにゆとりができる程度の忙しさを保つことが必要なのです。


No Comments yet, be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です